Mag by CUÒRE 肌にも髪にも、女性のすべてを美しく。
化粧品メーカー【クオレ】による
トータルビューティWEBマガジン。

【よく検索されているキーワード】
しみ
しわ
頭皮
乾燥
ホワイトニング
アイメイク
炭酸
美容室専売品
1DAYTATTOO

夏の「メイクアップよれ」徹底対策。

メイクアップ

朝メイクしたときはきれいに仕上がっていたのに、数時間経って鏡を見ると、おでこや鼻のまわりがテカテカに崩れ、ヨレたファンデーションで目尻のしわが目立って急に老け顔に(泣!)なんてことはありませんか?
汗をかいても時間が経っても、きれいなメイクアップをキープしていたい!
皮脂分泌過多になる夏こそスキンケアの見直しを。そしてひと手間加えるだけで化粧もちがよくなるメイクアップのコツをご紹介します。

目次

夏はなぜ化粧がよれやすい?

暑さや湿度で肌のコンディションが揺らぎやすい夏は、メイクが肌に密着せずにドロドロに崩れてしまったり、しわのある部分に集まってしまったり、1年のうちでも特にメイクよれに悩みやすい季節。皮脂の過剰分泌、日焼け止めやベースメイクの油分によるテカリ、ファンデーションの厚塗りなどが原因として考えられます。

【原因①】乾燥による皮脂の過剰分泌

汗をかきやすい夏は、肌が潤っているような気がして、秋冬のような保湿ケアをやめてしまっていませんか?

「乾燥肌のはずなのに最近顔がテカる」
「あぶらとり紙を使っているのにすぐに脂浮きする」

という人は、もしかすると肌の内側の水分量が低い「インナードライ肌」状態になっているかもしれません。インナードライ肌とは、肌の表面ではなく内部に水分が足りていない状態のこと。そのため、水分蒸発を止めようとして皮脂を過剰分泌してしまっています。だからテカリを気にして洗顔しすぎると、さらに多く皮脂を分泌してまって逆効果に。保湿ケアをしっかり行い、角質に水分を閉じ込めることが大切です。夏こそ保湿を意識したスキンケアを!

「具体的にどう意識したらいいの?」という方は、こちらをどうぞ。


【原因②】化粧下地を使っていない

スキンケアの後、すぐにファンデーションを塗っていませんか?
化粧下地といえば、肌の凸凹や色ムラを整えてくれるものというイメージが強いかもしれませんが、皮脂コントロールに役立つ下地もあります。メイク前のひと手間で、化粧もちがグンとよくなるので、使っていない人はぜひ試してくださいね。

【原因③】日焼け止めやファンデーションの油分

化粧下地を塗ったら、次は日焼け止めクリーム、それからファンデーション。でも油分を含むものを次々に重ねていくと、肌はやはり脂っぽくなってしまいます。そこで、塗ったあとには面倒でもこまめにティッシュオフを。特におでこ、小鼻などTゾーンの油分をオフしておきましょう。肌をさらっと乾かしてから次のアイテムを塗ると肌に定着しやすいです。

よれ防止メイクアップのコツ

肌の皮脂をコントロールしたら、次はベースメイク、ですが、、、くれぐれも厚塗りには注意! 1つのアイテムを顔全体にべったり塗ってカバーするのではなく、目指す質感に合わせてBBクリーム、コンシーラー、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションなどを組み合わせて「必要なところに必要なアイテムを使う」のがおすすめです。
また、パウダーファンデーションはブラシで付ける、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを塗ったあとには余計な油分をティッシュオフするのも効果的です。
仕上げにカラーレスのルーセントパウダーや薄付きのパウダーファンデーションを軽くはたいて仕上げておけば、皮脂浮きを抑えられます。

目元よれを防ぐためには

アイメイクがよれると事態はさらに深刻です。知らぬ間に目尻にファンデーションがたまってしわが目立ってしまったり、アイライナーやマスカラが落ちてパンダ目になってしまったり。皮膚が乾燥しやすい上にまわりの筋肉を使うことも多い目元は、朝のメイク時にしっかり対策を!

基本のスキンケアに加えて目元専用のアイクリームで潤いをプラスして、余計な油分をティッシュオフ。目元にはファンデーションを塗り込むのではなく、くすみが気になるところを中心に明るめのコンシーラーを付けて薄く伸ばしておきます。ティッシュや綿棒を使って目のきわまでなぞって余計な油分を拭い、仕上げにパウダーをはたいておくと、パンダ目になりにくいですよ。

一番の対策は「早めの化粧直し」

秋冬とちがって、夏は、屋外に出れば汗をかいたり日差しを浴びたり、屋内ではエアコンの冷風で乾燥したり、朝のメイクをそのまま夕方までキープするのはなかなか難しいもの。朝のうちにできるだけ保湿&皮脂コントロールを仕込みつつ、メイクが崩れていないかをこまめにチェックするのも大事です。

化粧直しで役立つアイテムは、「ティッシュ」と「綿棒」、そして手軽に使える「ミストローション」。乾燥した肌に潤いを与え、メイクの定着をよくしてくれます。「AXI スパークリングアクアスプレー」なら、美容保湿成分としてローズウォーターを配合しており、肌を清潔に保ち、乾燥を防ぐ効果が期待できます。ただの水をスプレーするのは乾く時に皮膚から水分を奪ってしまい逆効果なので気をつけて。

万全の対策で、ヨレを気にせずに夏のメイクを楽しみましょう!

Related posts この記事もあわせてチェック

Item おすすめアイテム

AXI スパークリングアクアスプレー

next