Mag by CUÒRE 肌にも髪にも、女性のすべてを美しく。
化粧品メーカー【クオレ】による
トータルビューティWEBマガジン。

【よく検索されているキーワード】
しみ
しわ
頭皮
乾燥
ホワイトニング
アイメイク
炭酸
美容室専売品
1DAYTATTOO

ノンシリコンシャンプーで美髪をつくるコツ。

ヘアケア

サッパリとした洗い上がりで、髪や頭皮を健やかな美髪へと導くノンシリコンシャンプー。でも「ノンシリコンは泡立ちにくい」というイメージはありませんか?
実際は「ノンシリコンだから泡立ちにくい」わけではなく、他に理由があるんです。

ノンシリコンシャンプーで泡立ち良く洗う正しいシャンプーの方法をご紹介します。

目次

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーはその呼び名の通り「シリコーンを含まないシャンプー」のこと。シリコーンを含むシャンプーは、人体に無害な人工化合物シリコーンがキューティクルに付着して洗い上がりの髪をなめらかにします。ただしシリコーンは髪表面にだけをコーティングするので、髪質そのものが改善しているわけではありません。逆に、シリコーンがトリートメントの浸透を阻害したりカラー剤やパーマ剤の入りが悪くなったりするデメリットもあります。

そこでシリコーンの力を借りずに、髪を本来の美しさへ導こうというのがノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーは髪に優しい?

シリコーンを配合しないことから「自然派」「無添加」というイメージを持たれがちですが、残念ながらすべてのノンシリコンシャンプーが髪や頭皮に優しいわけではありません。髪に優しいかどうかはシリコーンの有無ではなく、基材(洗浄成分である界面活性剤)が関わってきます。ノンシリコンをうたっていても、石けん系や「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」のような高級アルコール系といった脱脂力が強い洗浄成分を配合しているために、髪や頭皮を乾燥させたりきしませていたりする、「髪に優しくないノンシリコンシャンプー」も残念ながらあるのです。

洗浄成分について以下の記事で詳しく説明しています。

泡立ちの悪さをどうにかしたい!

ところで、ノンシリコンシャンプーに変えたら泡立ちが悪くてスッキリ洗えていないという悩みはありませんか?
でも実は、泡立ちの悪さとシリコーンの有無は関係ありません。正しくは「ノンシリコンだから泡立ちが悪い」ではなく、洗浄力・脱脂力が穏やかな基材(=アミノ酸系・PPT(ポリペプチド)系)を使っている「髪に優しいノンシリコンシャンプー」は、石けん系や高級アルコール系基材のように簡単に泡立たないというだけなのです。
洗浄力こそ控えめですが、髪の主成分であるケラチンタンパク質と似た成分で洗うアミノ酸系・PPT系シャンプーは髪や頭皮に負担がかかりにくいシャンプーです。特に低分子化した加水分解PPTは髪になじみやすいので、髪内部に入り込んでダメージケアも見込めます。

そんな「髪に優しいノンシリコンシャンプー」の泡立ちを良くするシャンプーのコツをご紹介します。

すぐに泡立ちを良くする4つのコツ

モコモコに泡立つシャンプーの方がスッキリ洗えた気がするかもしれませんが、泡の量はそれほど関係ありません。シャンプーが持つ洗浄成分をしっかり引き出す洗い方ができていれば、髪や頭皮を清潔に保つことができます。

① お湯で予洗いする

髪を濡らしてすぐにシャンプーをつけて洗おうとしていませんか?
汗や皮脂汚れ、スタイリング剤や過剰塗布されたアウトバストリートメントなどの脂汚れが髪や頭皮に残っているとシャンプーは泡立ちにくいです。シャンプーをつけるまえに、1分~1分30秒ほどを目安にお湯だけで髪の毛を洗う「予洗い」を習慣づけましょう。指の腹で優しくマッサージしながらお湯で丁寧に洗うだけで、実は髪の汚れの約70%以上が落ちると言われています。

② 手のひらで泡立たせてから塗布する

シャンプーを液体のまま髪にすぐ付けるのではなく、手のひらでお湯となじませて軽く泡立ててから髪の毛に塗布します。直接頭皮には触れないように、まずは毛先に付けてから髪の中に空気を入れて混ぜ込んでいくとうまく泡立ってきます。

③ 指の腹で優しく洗う

ゴシゴシ洗いでは髪や頭皮に負担をかけてしまいます。シャンプーの泡をクッションのようにして、髪同士をこすりあわせたり頭皮をゴシゴシこすったりせずに優しく揉むように洗います。爪を立てて洗うと頭皮が傷つき、フケやかゆみを引き起こすことがあります。

④ 2~3分かけて念入りにすすぐ

自宅でのシャンプーはすすぎ時間が短い傾向にあると言われています。試しに普段のすすぎ時間を計ってみてください。きっと1分以下という方が多いのではないでしょうか。美容室では、頭皮にしっかりお湯が流れるようにシャワーヘッドをあてて、時間をかけてすすいでくれますよね?
すすぎ残しがあると、髪や頭皮を傷めるだけでなく次回以降の泡立ちを妨げる原因にもなります。髪の表面にお湯をかけるだけではなく、頭皮にもお湯があたるように工夫して2~3分かけてしっかりすすぎます。

すすいだあとには優しくドライヤーで乾かしましょう。
正しいドライヤーのかけ方については、以下の記事で詳しく説明しています。

「ノンシリコンだけど泡立ちが良い」に注意

シリコーンの効果に頼らずに髪本来の美しさへと導こうとするPPT系やアミノ酸のノンシリコンシャンプーは、上の4つのコツを意識して正しく洗えば、きちんと泡立ち、頭皮を健やかに、髪を美しく整えてくれます。

そしてノンシリコンシャンプーを選ぶときには、基材(洗浄成分)をチェック。「ノンシリコンだけど泡立ちが良い」というキャッチコピーが本当に信頼できるかを、しっかり確認したうえでシャンプーを選んでくださいね。

Related posts この記事もあわせてチェック

Item おすすめアイテム

AXI シャンプーI

「ケラチン」で髪を洗う、新感触シャンプー。

AXI シャンプーII

「フルーツアミノ酸」で髪を洗う、新感触シャンプー。

AXI シャンプーIII

「シルク」で髪を洗う、新感触シャンプー。

AXI 薬用シャンプーMS

すすいだ瞬間から実感
育毛環境を整え、すこやかな頭皮に。

AXI スパークリングスパシャンプー

新しい洗い心地。
嬉しい仕上がり、指通り。

AXI シャンプーR

その髪に、最高の優しさと美しさを。

next