クオレの前身、美研の誕生

美容室ルートでの化粧品販売を
業界でいち早くスタート

当時の「美」の常識

メイクアップの広がりと
「小麦色の肌」ブーム

東京オリンピックやビートルズ来日に湧いた60年代。
ファッションモデルのアイラインやつけまつ毛で目元を強調したメイクアップが支持されるなど、日本女性の美容意識の幅が広がった時代です。スキンケアでは「小麦色の肌」の流行とともに紫外線の害も知られるように。秋には肌を回復させて白い肌に戻りたいというのが女性たちの願いでした。

クオレがめざした「美」とは

いち早く美白を追求

女性の美容意識が高まっていった時代に、クオレは前身である株式会社美研を創業。三省製薬が開発した画期的美白成分「プラセンA」を配合したスキンケア商品「BSリプロン」を美容室ルートで販売します。「小麦色の肌」の次に必ず来るだろう「美白への需要」を先見し、美容のプロフェッショナルである美容師に美白の重要性をアピールして商品を広める活動をしていました。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

クオレの主なできごと

1965

株式会社美研 創業

クオレの前身である美容室専売の化粧品販売会社が大阪市で創業。

1967

業界初!
美容室ルートの「店販」スタート

医薬品販売などで行われていた専売方法を美容業界に初めて導入。美容室に来店したお客様に商品を提案する「店販」スタイルが誕生。

1969

美白のBSシリーズ誕生

当時革命的だった美白成分プラセンタエキスを配合した「BSリプロン」を皮切りにクオレBSシリーズを販売。
BSとは「Beauty Salon」の頭文字。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

「美白のクオレ」の存在感

美白成分配合BSシリーズなど
美肌へと導く化粧品開発

※:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

当時の「美」の常識

日焼けの健康美が崩れ出し
ナチュラル傾向に

日焼けブームを引きずりながらも、70年代後半には高度経済成長による公害や大気汚染問題、石油ショックやベトナム戦争などの影響で、社会に自然回帰的な流れが生まれます。ヒッピーイズムを表明する若い世代はもとより、女性全体に「素肌から美しく」「素肌を守る」という意識が強まり、スキンケア志向・薄化粧傾向へ移行していきます。

クオレがめざした「美」とは

「美肌創造」を追求した
機能性商品が話題に

創業以来、「美肌創造」をテーマに基礎化粧品を開発。
看板商品BSシリーズがスペシャルクリームを発売して話題を呼び、1970年代には美容業界で「下地(基礎化粧品)のクオレ」の呼び名が定着。乳液やクリームと混ぜてマッサージができるクレンジングオイルや、肌老化の原因となる活性酸素の発生を抑えるダブル洗顔など、画期的な商品を販売します。
また、全国の美容室との連携が拡大し、美容師の方にスキンケア知識やメイクアップ技術などの付加価値を与える教育システムが好評を博し、全国の美容室を発信元にクオレの美容理論や商品が広く知られるようになりました。

クオレの主なできごと

1970

千里山研修所オープン

提携美容室のスタッフ向けの宿泊施設を設け、充実した教育プログラムを提供。

1973

若手美容師の教育・研修
「若人の集い」

美容室スタッフの教育・研修と福利厚生の両方を提供する経営支援策として、豪華客船を貸し切った盛大なクルーズを実現。

1975

クオレ初のヘアケアアイテム発売

美髪創造を目指したFOシリーズが誕生。以降も、スキンケア商品で培った理論を応用し、高機能シャンプー、  洗い流さないトリートメント、リピート率の高い育毛剤などの注目商品を開発。

美容室との共存共栄で繁栄

ヘアケア商品の拡充と
「プレニッククリーム」の大ヒット

当時の「美」の常識

太眉メイクと
多様なヘアスタイル

南極大陸のオゾン層が減少しているニュースを受けて紫外線の害が広く知られ、素肌を守る傾向が一般的に。日本人らしい肌の色や顔の造作を生かしたメイクアップが流行り、ナチュラルな太眉が特徴的でした。ヘアスタイルではアイドルブームで聖子ちゃんカット、テレビドラマの影響でソバージュパーマが社会現象になりました。

クオレがめざした「美」とは

画期的な美白提案と
美容室との共存共栄を
強化

1988年、三省製薬が開発した美白成分コウジ酸を配合した「プレニッククリーム」を世界で初めて販売。多くのメディアで紹介されて一般のお客様からも大きな反響を呼び、創業以来貫いてきた「美白のクオレ」が広く知れわたりました。また、70年代から展開し始めたヘアケア商品も充実。店販を通じた手厚い美容室運営サポートで、「来たときよりも美しく」を合言葉に、美容師がもともと持っているヘア技術以外の美しくなるサービスを提供し、美容室を「女性がトータルで美しくなれる場」に高めました。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

クオレの主なできごと

1985

創立20周年を機に
クオレ株式会社に改称

これまで実践してきた「美容室のために」という考えを「美容室との共存共栄」という経営理念として制定。

1988

コウジ酸配合
「プレニッククリーム」発売

美白成分コウジ酸を配合した化粧品を世界で初めて発売。テレビで取り上げられたことで一気に注目を浴び、急遽専用フリーダイヤルを開設して問い合わせに対応するなど、大きな騒ぎとなった。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

1988

KENZOブランドとの提携

KENZOとライセンス契約を結び、KENZOパルファムを発売。
一般小売流通という販路開拓の第一歩に。

2つの流通ルートの確立

幅広いユーザーニーズに応える
化粧品メーカーへの道

当時の「美」の常識

ワンレン&太眉の「バブル系」と
茶髪&細眉の「ギャル系」

バブル景気とともに流行ったワンレン・ボディコンスタイルでは、太眉とインパクトのある口紅以外は薄めのメイクアップ。もともとの肌や髪の美しさが際立つため、スキンケアやヘアケアの意識が高まりました。90年代後半には茶髪で細眉の「アムラー」が流行。日焼けサロンで極度に肌を焼く「ガングロ」「ヤマンバ」も登場しました。

クオレがめざした「美」とは

肌や髪本来の
美しさを引き出す

洗い流さないトリートメントや育毛剤の発売など、画期的なヘアケア商品を次々と発売し「美髪のクオレ」としての存在感をさらに強めた90年代。それに加えてメイクアップブランドのフィアシブやKENZO PALETTEを立ち上げ、スキンケア・ヘアケア・メイクアップのすべてを網羅し、女性の美しさを引き出せる化粧品メーカーとしての地位を確立しました。多様化する美容意識に幅広く対応し、美白やサラサラヘアといった時代の要望にしっかり応える商品開発やサービス提供を行っていました。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

クオレの主なできごと

1991

百貨店向けブランド
KENZO BEAUTE登場

百貨店で販売される新ブランドKENZO BEAUTEの立ち上げ。美容室専売とは性質が異なる一般小売流通事業を展開。

1992

製造部門イクソラファブリカ設立

イクソラファブリカ(現・木下製薬株式会社)を設立し、自社でものづくりをスタート。

1995

KENZO PALETTEで
一般小売流通が本格化

新ブランドKENZO PALETTEをバラエティショップやドラッグストアなどで販売開始。

1996

画期的育毛剤
「クオレサイトプライン」発売

医薬部外品の育毛剤を発売。現在の「クオレ 薬用サイトプライン」へつながるロングセラーに。

1997

メイクアップブランド
フィアシブ発売

美容師向けのプロ仕様メイクアップとしてフィアシブが登場。

1998

木下製薬株式会社設立

イクソラファブリカの製造業務を集約統合し、岡山県岡山市に木下製薬株式会社を設立。研究開発・製造、販売、アフターフォローまで自社一貫が可能に。

時流とマッチしたK-パレット

1DAY TATTOOが大ヒット
ニーズに応える高機能メイクアップ

当時の「美」の常識

白い肌に目元を強調した
「盛り」メイク

空前の美白&美容ブームが到来。UVケア化粧品や美白化粧品が一般化し、「美魔女」という語でエイジングケア意識が高まり、プラセンタ注射などメディアで「効果がある」と謳われた美容施術が流行します。また、雑誌「小悪魔ageha」を中心に「盛りヘア」や濃いアイメイクが支持され、美を求める女性たちの自己表現は「盛り」の方向へ。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

クオレがめざした「美」とは

女性の願いに応える
高機能化粧品を提案

美容室専売の分野では「美白・美肌・美髪」の商品開発が成熟し、美容効果に加えて安全性にもこだわった高機能化粧品を次々と提案していきます。また、2001年に誕生した自社オリジナルメイクアップブランド K-パレットでは、2002年発売の「リアルブラックマスカラ」が巷の「目ヂカラ」ブームと相まって大ヒット。さらに「落ちにくさ」と「圧倒的な黒さ」を追求した1DAY TATTOOシリーズのアイライナーが、「整形級にキレイになりたい」と望む女性たちからの圧倒的な支持を得ました。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

クオレの主なできごと

2001

KENZO PALETTEから
K-Paletteへ

KENZOとのライセンス契約が終了し、オリジナルブランドとしてリニューアル。

2004

初代「リアルラスティングアイライナー」誕生

商品特長の「落ちにくさ」を表した1DAY TATTOOの呼び名で注目を浴びる。

2007

「リアルラスティングアイライナー24h WP」が空前の大ヒット

フィルムタイプにリニューアルして「落ちにくいのに落としやすい」と大評判に。

2008

木下製薬が
ISO9001認証取得

開発体制を強化し高品質のものづくりを行う企業姿勢が高く評価される。

トータルビューティのクオレへ

女性のすべてを美しく さらなる挑戦へ

当時の「美」の常識

「愛され」を目指す
ナチュラル志向へ

2011年の東日本大震災をきっかけに過剰な美容ブームは収束します。癒やしや明るさを感じさせる「愛され」がメイクアップのキーワードになり、自然なアーチ眉、血色の良いチークやリップで「かわいらしさ」を表す傾向に。食品と同様、化粧品にも高い安全性や植物由来要素が求められるようになりました。また、年齢を重ねてもナチュラルに美しい女性が憧れとされ、シワやシミなど加齢の悩みに効果が期待できる化粧品が人気を集めます。

クオレがめざした「美」とは

スキンケアとヘアケアの
相乗効果で女性をさらに美しく

創業以来培ってきた「美白のクオレ」としてのスキンケアと、「育毛のクオレ」としてのヘアケアを融合し、新ブランド AXIとしてリリースします。時代が求める美が、人間性や心身を含めた総合的なあり方へとチェンジしていくのに伴い、従来の「スキンケア」「ヘアケア」という垣根を越えたトータビューティの美容理論を実践していきます。AXIを販売する提携美容室では、クオレの美容部員が来店するお客様にハンドエステやマッサージなどを直接ご提供することも。クオレは、「いつまでも美しくありたい」と願うすべての女性を、スキンケア・ヘアメイク・メイクアップの3方向から応援すべく、さらなる挑戦を続けています。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

クオレの主なできごと

2011

AXI ヘアケアプロフェッショナルシリーズ 発売

シャンプーや育毛剤などのヘアケアラインナップを刷新。

2012

AXI スキンケアプロフェッショナルシリーズ 発売

美白化粧品、医薬部外品を中心とした、スキンケアラインナップを刷新。美白研究40年間の成果を結集したAXIホワイトニングクリームを発売。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

2014

フィアシブ
プロフェッショナルシリーズ 発売

サロンメイクアップブランドだったフィアシブが、より素肌美を追求したラインナップにリニューアル。

2015

創業50周年

美を追求し続けて半世紀。100年企業を目指してさらなる飛躍へ。

2015

AXI ホワイトニングTSシリーズ 発売

木下製薬が独自開発し特許を取得した「美白用皮膚外用剤及びその製法」を用いた、ホワイトニングシリーズが発売。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

2016

K-パレットのアイライナーが6年連続売上No.1記録を樹立

アイライナー部門の最先端商品であり続けるため、あくなき研究と改良を実施

※アイライナーカテゴリー販売実績 2011年~2016年(TRUE DATAカスタマー・コミュニケーションズ社調べ)

2018

2018モンドセレクション
連続受賞

「AXI ホワイトニングクリームTS」が、2016年・2017年・2018年度の3年連続で最高金賞を受賞。エマルジョン、ローションも2年連続で各賞を受賞し、高く評価されています。