社長メッセージ

新たな息吹をもたらす
「共存共栄」の担い手たちへ

代表取締役社長木下 英司

クオレ株式会社は、1965年3月に化粧品業界では画期的な美容室ルートでの販売方式を採用し、それ以来半世紀以上の歳月を「美容室と共に栄える」を信条として努めてまいりました。単に美容室で商品を販売していただく関係ではなく、美容室経営のサポートなど幅広いバックアップを心掛けることによって、クオレと美容室との間に強い信頼関係を育み、美容室店販のパイオニア企業として歩んでまいりました。

一方で、1990年代後半から一般流通ルート向けの化粧品の開発・販売を開始し、現在では多くの顧客にご愛用いただき、目元アイテムでは常にトップを走ることができています。

2つの流通部門を持つクオレ株式会社の基本は「共存共栄」です。常にクオレと取引先、消費者の三者がwin-winの関係を築くことを基本に事業を展開しています。
100年企業を目指し、「共存共栄」を基本に常に新たな風を入れ企業の活性化を図るためにも、若い皆さんの力が必要になります。

クオレが求める人材像は、得意先の話をしっかり聞いて、その中で出てくる問題点に対して、常に明るく元気に真摯な気持ちで得意先と協力しながら解決へと導くリーダーシップの取れる方です。それを入社1年目から行うのは難しいですが、先輩や上司も一緒に解決していくことが大切です。それを実践するために必要なのは、目配り、気配り、かゆいところに手が届く面倒見の良さ。「クオレさん、そこまでやってくれるの」と言われる人材に、充実した環境の中で育て上げます。

個の力、集団の力を存分に発揮し、未来の美容業界、化粧品業界を共に切り開いていく我々の仲間との素晴らしい出会いがあることを楽しみにしております。

代表取締役社長 木下 英司